×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

DC版機動戦士ガンダム外伝とは?

 

 1999年にDC(ドリームキャスト)にて発売されたガンダムの外伝作品である。
今までガンダム作品中では語られることのなかったオーストラリアを舞台としている。
プレイヤーはホワイト・ディンゴ隊の隊長、マスター・P・レイヤーとなり 地球連邦軍のオーストラリア反撃作戦を成功へと導いていく。

 SS版と同じく、コックピットからの視点を採用しているのだが、 前作と比べてはるかにパワーアップしている。
基本的な戦闘は変わらないが、狙撃スコープを使用することで、 遠方の敵機を発見し、攻撃することが可能になった。
また、敵機の近接戦闘をサーベルによって受け止めることが可能になったのだ。
本作の最大の特徴は、僚機に対して行動を支持することができる点である。
前作は仲間機との連携は出来ず、こちらから一方的に支援する形であったが、 これによって戦術的な幅が広がることとなった。
但し、その分仲間との連携を生かさないとクリアが困難な場合も出てきた。

 そして何より、このDC版はとにかく『渋い』。
プレイヤーたちが搭乗することになるMSが如実にそれを語っている。
当初部隊に配備されている機体はジムとジムキャノンである。
ジムはガンダム作品においてはあまりにもポピュラーな機体であるが、 マニアックにもジムキャノンが配備されているのである。
ちなみに、前作の主人公であるユウ・カジマは 小説中においてこのジムキャノンを怪しげな機体と表している。
それくらい、一般の兵士にとってあまり馴染みのなく、信頼性の高くない代物だったのである。
また、条件次第で入手できる機体にガンキャノン量産型がある。
このガンキャノン『量産型』というところがまたしても渋い。
そもそもこの機体は『機動戦士ガンダム0080、ポケットの中の戦争』にて 一瞬にしてやられてしまう脇役MSなのである。

 また当時、本作のキャラクターが各雑誌で掲載された時も騒然となった。
キャラクターデザインがあのミリタリー界の第一人者である小林源文氏であり、
その劇画チックなデザインに、誰しもが度肝を抜かれたわけである。
渋い。
あまりにも渋すぎる。
余談であるが、ギレンの野望系作品中に登場するDC外伝のメンバーは
原作があまりにも渋すぎたためか、それとも他のイラストと合わないためか、 土器手司氏によってリメイクされている。
アニメ系のイラストを望んでいた声も多かったため、 このリメイクは特に大きな問題は起こらなかった。
ギレンの野望シリーズや機動戦士ガンダム(PS2)のムービーシーンにて登場することになったため、
本作のアニタもまた土器手氏の手によってリメイクされたのだが、
その際、あまりの変わりようにDC外伝ファンの誰もが驚きを隠せなかった。

 講談社のマガジンZによってマンガ化されたが、 残念ながらコミックス化はされていない。
角川スニーカー文庫にて小説上下巻が発売中。
こちらも原作を生かしたミリタリー風にできている。
現在、あのアムロたちホワイトベース隊との戦闘ができ、 ダウンロード兵器も全て使用できるようになった特別版が発売中。

 

作品

「機動戦士ガンダム外伝 コロニーの落ちた地で・・・」(初回限定版)1999年8月26日(ドリームキャスト)
「機動戦士ガンダム外伝 コロニーの落ちた地で・・・」(通常版)1999年8月26日(ドリームキャスト)
「機動戦士ガンダム外伝 コロニーの落ちた地で・・・」(特別版)2001年6月28日(ドリームキャスト)

関連作品

小説「機動戦士ガンダム外伝 コロニーの落ちた地で・・・」(上) 林譲治 角川スニーカー文庫 1999年11月
小説「機動戦士ガンダム外伝 コロニーの落ちた地で・・・」(下) 林譲治 角川スニーカー文庫 2000年1月
設定資料集「機動戦士ガンダム外伝 コロニーの落ちた地で・・・戦術マニュアル」 ソフトバンククリエィティブ 1999年10月

ゲーム「SDガンダム Gジェネレーション-0」 1999年8月12日(プレイステーション)
ゲーム「機動戦士ガンダム ギレンの野望 ジオンの系譜」 2000年2月10日(プレイステーション)
ゲーム「機動戦士ガンダム ギレンの野望 ジオンの系譜」 2000年6月29日(ドリームキャスト)
ゲーム「機動戦士ガンダム」 2000年12月21日(プレイステーション2)
ゲーム「機動戦士ガンダム Ver.1.5」 2005年2月17日(プレイステーション2)
ゲーム「SDガンダム Gジェネレーション ギャザービート2」 2001年6月14日(ワンダースワン)
ゲーム「機動戦士ガンダム戦記 Lost War Chronicles (LIMITED BOX)」 2002年8月1日(プレイステーション2)
ゲーム「機動戦士ガンダム戦記 Lost War Chronicles (通常版)」 2002年8月1日(プレイステーション2)
ゲーム「機動戦士ガンダム戦記 Lost War Chronicles (THE BEST)」 2005年2月17日(プレイステーション2)
ゲーム「機動戦士ガンダム ギレンの野望 蒼き星の覇者」 2003年5月2日(ワンダースワン)
ゲーム「機動戦士ガンダム ギレンの野望 ジオンの系譜」 2005年8月11日(プレイステーションポータブル)
ゲーム「ガンダムバトルタクティクス」2005年9月22日(プレイステーションポータブル)
ゲーム「ガンダムバトルロワイヤル」2006年10月5日(プレイステーションポータブル)
ゲーム「機動戦士ガンダム ターゲット イン サイト」2006年11月11日(プレイステーション3)

カードゲーム「ガンダムウォー」
オンラインゲーム「Gundam Network Operation(GNO)」2003年5月15日
オンラインゲーム「Gundam Network Operation 2(GNO2)」2004年9月1日
オンラインゲーム「Gundam Network Operation 2(GNO2) リニューアルプライス版」2005年12月8日

 

戻る