×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

キャラクターデータベース(連邦)

ここではDC版ガンダム外伝に登場した連邦側の人物たちを紹介しています。

各アイコン使用元:「くすいぃの巣窟」

 

マスター・P・レイヤー
アイコン
和名 マスター・P・レイヤー
英字表記 Master Pierce Rayer
声優 山寺宏一
登場作品

DC「機動戦士ガンダム外伝 コロニーの落ちた地で…」(原作ゲーム、小説、コミック)
PS/DC/PSP「機動戦士ガンダム ギレンの野望 ジオンの系譜」
PSP「機動戦士ガンダム ギレンの野望 アクシズの脅威」
PS2「機動戦士ガンダム」(タクティクスバトル)
PS2「機動戦士ガンダム戦記〜Lost War Chronicles〜」
Gジェネレーションシリーズ

個人的名台詞

「しかし、地球連邦政府がもっとオーストラリアの市民の生活復興に力を注いでいたならば、
 このような制約は必要なかったのではないでしょうか。
 市民の多くは自発的にジオン軍に協力しているのではなく、地球連邦をあてにできないからこそ、
 生きるためにジオンに協力しているだけだと思いますが。
 もしも地球連邦の復興政策が適切なものであれば、
 アリス・スプリングスの市民も我々の進攻をもっと積極的に受け入れてくれたはずです。」
「要するに敵陣地は跡形もなく吹き飛ばしても構わないが、
 民間施設は窓ガラス一枚割ってはいかんということですか。」
「――放送の馬鹿野郎、こんな放送はもう五分早く流すもんなんだ!」

詳細 元々は戦闘機パイロットであったが、1年戦争開戦後にMSパイロットへ転向する。
ジャブローにてバックス・バック教官によってMSパイロットとしての指導を受ける。
その後、オーストラリアの特殊遊撃MS部隊ホワイト・ディンゴの隊長として着任することになる。
コードネームはFANG1。
冷静沈着に戦況を判断し、確実に戦果を残す彼に対し、部下たちの信頼も厚い。
アリス・スプリングスを無血開城したことから、連邦軍を宣伝する格好の英雄像となり、
両軍を通じて優秀な隊長というイメージが強く広まった。
しかし、本人は戦争時におけるプロパガンダの特性、並びに戦場がどんなものであるのかを誰よりも知っており、
だからこそ、この戦争に絶対悪も絶対的な善も存在しないことをよく理解していた。

階級は中尉でオーストラリア出身。年齢は20代後半。
彼にとってのこの反攻作戦は郷土を守るといった意味合いもあるらしい。
しかし、これまで1年戦争最大の被災地であるオーストラリアに対して、
なんら復興政策を行わなかった連邦政府へ憤慨している面もある。

 

マクシミリアン・バーガー
アイコン
和名 マクシミリアン・バーガー
英字表記 Maximilian Berger
声優 宮本充
登場作品

DC「機動戦士ガンダム外伝 コロニーの落ちた地で…」(原作ゲーム、小説、コミック)
PS/DC/PSP「ギレンの野望 ジオンの系譜」
PS2「機動戦士ガンダム戦記〜Lost War Chronicles〜」
Gジェネレーションシリーズ

個人的名台詞

「コロニー落としによって死んだ人々が、流れ星となってこの大地に還ってきているのさ。」
「アニタがOASISだって。皮肉かね。」
「隊長、今まで通りでいきましょう。」

詳細 開戦前は軍楽隊に所属していたが、MSパイロットとしての適正が高く、MSパイロットへと転属になる変わり者。
レイヤーと同じくバックス・バック教官の指導を受ける。
その後、ホワイト・ディンゴ隊の一員としてオーストラリア戦線を戦い抜く。
コードネームはFANG3。
仲間たちからはマイクの愛称で呼ばれていた。
連邦軍ラジオ放送のDJ、ジャクリーンの大ファンであり、自身の愛機にジャクリーンと命名している。
階級は少尉、年齢は20代中頃。

ニ枚目で頭も良く、芸術をこよなく愛している。
また連邦軍によるラジオのジャクリーンの放送を心から楽しみにしており、わざわざ隊長にまで聞かせるほどである。
普段、ふざけているようにみせてはいるが、自分の命をちっぽけだと表したり、純な面もある。

 

レオン・リーフェイ
アイコン
和名 レオン・リーフェイ
英字表記 Leung Lee-Fai
声優 幹本雄之
登場作品

DC「機動戦士ガンダム外伝 コロニーの落ちた地で…」(原作ゲーム、小説、コミック)
PS/DC/PSP「ギレンの野望 ジオンの系譜」
PS2「機動戦士ガンダム戦記〜Lost War Chronicles〜」
Gジェネレーションシリーズ

個人的名台詞

「そう。僕は総司令本部直属の諜報員だ。任務はトリントン基地にある核兵器の秘密を守るためにある。
 あそこの核兵器の存在は絶対に秘密だからね。
 そのためには一部の権限に関しては、僕はスタンリー大佐よりも強いものを与えられているんだ。」
「だって隊長、これだって噂にしか過ぎないんですよ。
 噂は噂、何が本当かは自分が決めるしかないじゃありませんか。迷うなんていつでもできます。」

詳細 以前は戦車乗りを務めていたが、開戦後にMSパイロットに転身。
バックス・バック教官による指導を受け、養成課程終了後、ホワイト・ディンゴ隊に配属される。
コードネームはFAND2。
彼の持つもう一つの顔はジャブロー直属の諜報員である。
彼はトリントン基地の核兵器の機密保持のために派遣され、
一部権限はオーストラリア方面軍司令官スタンリー・ホーキンス大佐をも凌ぐ。

キャリフォルニアベースから オーストラリアへとアスタロスが持ち込まれてからは
アスタロスの回収、もしくは消却の任務を兼ねる。
自らの身分を隠していたが、トリントン基地にてマッチモニードと戦闘に入る際、
ホワイト・ディンゴ隊の仲間に全てを打ち明けた。

階級は少尉、年齢は20代後半。
諜報員だけありクールに物事を分析し、行動に移す。

 

アニタ・ジュリアン
アイコン
和名 アニタ・ジュリアン
英字表記 Anita Julianne
声優 土井美加
登場作品

DC「機動戦士ガンダム外伝 コロニーの落ちた地で…」(原作ゲーム、小説、コミック)
PS/DC/PSP「ギレンの野望 ジオンの系譜」(ムービーシーンのみ)
Gジェネレーションシリーズ

個人的名台詞

「隊長、我が軍はやりました!」
「FANG1、あとの指示を頼みます!」
「その思い上がりが失敗のもとなのよ。」

詳細 ホバートラックOASISによるホワイト・ディンゴ隊の情報支援を担当する。
並外れた聴覚を持つ優秀なアンダーグラウンドソナー・オペレータであり、
戦闘中は索敵を担当。部隊にとって非常に重要な存在である。
コンピュータ関連にも詳しく、トリントン基地の核施設にアクセスしていたジオン兵を妨害し、見事に守りきった。
階級は軍曹、年齢は20代中頃。

性格は活発で情熱的。
レイヤーとは違い、地球連邦を絶対的な善と信じて戦っていた。
そのため、ジオンに(生活のためとは言え)味方していた民間人に対しても少々厳しい面があった。

 

ボブ・ロック
アイコン
(PS3ガンダム戦記より)
和名 ボブ・ロック
英字表記 Bob Rock
声優 緒方賢一
登場作品

DC「機動戦士ガンダム外伝 コロニーの落ちた地で…」(原作ゲーム、小説、コミック)
PS3「機動戦士ガンダム戦記」

個人的名台詞

「技術屋がてめぇの仕事に甘くなったらおしめぇよ。
 お前さんだってパイロットとしてそんな整備のモビルスーツに乗りたかぁねぇだろ。
 こちとら他人様の命預かってるんだからな。」
「あれかね、連中なりに借りは返したってことなのかね。」

詳細 50人を超えるホワイト・ディンゴ隊のMS整備士を取りまとめる整備士長。
根っからの整備士で、優秀な彼からの出撃前のパイロットへのアドバイスも的確であるため、
パイロットたちからの評判はすこぶる良い。

どんな短時間でもMSの整備を完璧にすることをモットーとしており、その仕事ぶりは誰もが認めるところである。
ヒューエンデンHLV基地攻略の際には、限界まできていたホワイト・ディンゴ隊のMSの代わりにと、
ミデア3機にRGM-79SP ジム・スナイパーカスタムIIを搭載して、最前線まで飛んでくるという粋な行動を見せた。

年齢は40代後半。
部下たちには整備に関して厳しく接しているが面倒見もいい。
なにより、自分自身に対してより厳しい態度で整備に臨んでいる。

 

スタンリー・ホーキンス
和名 スタンリー・ホーキンス
英字表記 Stanley Hawkins
声優 藤本譲
登場作品

DC「機動戦士ガンダム外伝 コロニーの落ちた地で…」(原作ゲーム、小説、コミック)、
PS/DC/PSP「ギレンの野望 ジオンの系譜」(ムービーシーンのみ)

個人的名台詞

「君の仕事は地球連邦政府の復興計画を云々することではあるまい。」
「それでは、吉報を期待している。」
「全員の生還を命ずる。全員必ず生きて戻ってこい。」

詳細 地球連邦軍オーストラリア方面軍司令官。階級は大佐。
代々軍人の家系で有能なのだが、やや柔軟性に欠ける節がある。
そのため、連邦上層部の中ではあまり評判が良くない。
しかし、部下に対する態度に嫌味はなく、それゆえに部下からの信頼も厚い。
ホワイト・ディンゴ隊の直接的な指揮官で、次々と困難な任務を課すが、彼らの無事を祈る部下思いな面もある。

年齢は40代。
困難な任務を部下に伝える際、「吉報を期待している」と結ぶ癖がある。

 

バックス・バック
和名 バックス・バック
英字表記 Backs Back
声優 不明
(制作スタッフでも確認不可能とのことなので、声優と声の判別に詳しい方の情報提供を募集中)
登場作品

DC「機動戦士ガンダム外伝 コロニーの落ちた地で…」(原作ゲーム)、
機動戦士ガンダム戦記〜Lost War Chronicles〜(OPERATION 0-SIDE A/開戦の時)

詳細 開戦後MSのパイロットを務めていたが、足を負傷したためジャブローにてMSパイロットの教官を務めている。
ホワイト・ディンゴのメンバーも皆、彼の指導を受けた。
MSのシミュレータによる適正検査に合格したものは、彼によって鍛えられた。
またスタンリー大佐とは古い友人でもある。

階級は中尉、年齢は50代前半。
戦場にいる卒業生にヴォイスメッセージを送るなど、面倒見のいいところもある。

 

ジャクリーン
和名 ジャクリーン
英字表記 Jacqueline
声優 皆口裕子
登場作品

DC「機動戦士ガンダム外伝 コロニーの落ちた地で…」

詳細 連邦軍のラジオによるプロパガンダ放送のDJを務めている。
その効果は絶大で、オーストラリア大陸中に彼女のファンがいる。
噂によれば、ジオン軍側の兵士の中にもファンがいたらしい。
そのあまりにも人気ぶりに、自らの機体にジャクリーンと名づける兵士が急増した。
内容は士気高揚のための音楽放送であり、前線の兵士から届く便りを読み上げたりもした。
戦場で疲れ果てた兵士たちが安らかに眠れるよう、子守唄のような声で兵士たちを癒している。

レイヤー隊長が怒りを表した終戦を知らせるラジオは皮肉なことに彼女が読み上げたものだった。

 

戻る