×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

キャラクターデータベース(連邦)

ここでは「機動戦士ガンダム MS戦線0079」に登場した連邦側の人物たちを紹介しています。
また、本作はメディア展開に恵まれなかったため、キャラクターの設定が埋没してしまうという不遇な状態にありましたが、
本作のディレクターである徳島雅彦氏のご厚意により、それらの設定に対してキャラクター紹介という範疇での公開の許諾をいただきました。
この場を借りて、御礼申し上げます。

アイコン使用元:「くすいぃの巣窟」
アイコンにつきましては、上記サイト様で公開されたものを順次使用させていただく予定です。

 

アラン・アイルワード
アイコン (予定)
和名 アラン・アイルワード
英字表記 Allain Aylward
声優 神谷浩史
登場作品

Wii「機動戦士ガンダム MS戦線0079」
「機動戦士ガンダムUC episode 6 宇宙と地球と」(冒頭のゼネラル・レビル搭載MS部隊の小隊長として名前のみ出演※)
※「機動戦士ガンダムUC」設定考証担当 小倉信也氏ならびに「
機動戦士ガンダム MS戦線0079」監督 徳島雅彦氏のコメントより

階級

少尉

年齢 20歳
詳細 地球連邦軍広域特殊対応MS部隊第1小隊、通称「SRT-ユニット1」(※)の隊長に抜擢されたちょっと頼りない感のある主人公。
MSの操縦スキルは高く、隊長としての決断力もあるのだが、童顔のせいか優柔不断な印象を与えてしまう。
良く言えば、常に程よく力を抜いていて、自然体である。
温厚というよりは少しボケた感じで世間ずれしている。

士官学校のMS適応試験を好成績でクリアし、繰上げ卒業扱いで任官。
U.C.0079年10月6日、そのまま実戦部隊「SRT-ユニット1」の小隊長として配属となった。
場数を踏めば優れた隊長になると、上層部にはその能力を高く評価されている。
事実、彼が実戦でその能力を示すと、ビンソン計画によって再建された
地球連邦宇宙軍宇宙艦隊旗艦「フェーベ」の所属MSパイロットとして配属される話も挙がったが、本人が丁重に固辞したという。
それにも関わらず、上層部の高評価が仇となり、派閥抗争に巻き込まれるという苦難な面もあった。

勘や直感が冴えており、MS戦闘においても、その点が目立って良い結果を生んでいる。

U.C.0096年。
1年戦争を生き延びたアランは、その後も地球連邦軍に在籍。
その際の彼は、地球連邦宇宙軍総旗艦「ゼネラル・レビル」搭載MS部隊の小隊長であった。
かつて、1年戦争における総司令官レビル将軍の座乗艦であったフェーベの乗艦を固辞したことは、
彼をラプラス戦争まで生存させる選択肢となったものの、その後のソーラ・レイによるフェーベの撃沈、レビル将軍戦死の報を聞き、
若くして自分を取り立ててくれたレビル将軍を結果的に見殺しにしたという自責の念もまた同時に植え付けていた。
地球連邦宇宙軍の再建計画の一環として建造される総旗艦に、一年戦争を勝利に導いた英傑、レビル将軍の名を冠することが決定し、
その罪滅ぼしとともに、レビル将軍への恩返しの思いを込めて乗艦。
同じく、レビル将軍に抜擢され1年戦争を戦ったマット・ヒーリィとともにゼネラル・レビルのMS小隊を率いて袖付きのシナンジュと交戦。
果敢に白兵戦を挑むも撃破され脱出したところを、前述のマット・ヒーリィに回収され事なきを得た。

補足 ※実在の部隊にアメリカ海兵隊特殊対応チーム(SRT=Special Reaction Team)が存在することから、SRTはこの略称と推定される。

 

デニス・バロウ
アイコン
和名 デニス・バロウ
英字表記 Dennis Barlowe
声優 高橋広樹
登場作品

Wii「機動戦士ガンダム MS戦線0079」

階級

曹長

年齢 24歳
詳細 普段は飄々とした軽口の多いプレイボーイなのだが、実はかなりのキレもので、部隊をまとめるムードメーカーでもある。
やや熱血なリルをからかうのが好き。どちらかというとアランやホアと波長が合うようだ。

小隊最年長ということもあって、全体のバランスをうまくとって、チームを機能させている。
戦略、戦術、戦闘技術、工作、情報戦など、あらゆる分野に長けており、オールマイティにその能力を発揮する。
その中でも、特に射撃に自信がうかがえる。
部隊の中で唯一の実戦経験者であり、上層部から小隊メンバーの能力を見極めるべく送り込まれたお目付け役である。

 

リル・ソマーズ
アイコン
和名 リル・ソマーズ
英字表記 Lil' Somers
声優 浅野真澄
登場作品

Wii「機動戦士ガンダム MS戦線0079」

階級

准尉

年齢 18歳
詳細 気が強く、少々わがままな少女であるのが難点だが、シミュレーターやペーパーの成績からするとかなりの能力の持ち主。
良家の家柄に関わらず、その実力によってオーガスタ研究所でG4部隊のパイロット候補生をしていたが、
新設された独立機械化混成部隊に転属配置となる。
転属させられた部隊が、寄せ集め人員で便利屋的なものであることを知り、かなりプライドが傷ついている。
そのため、実績を示して他の有名部隊に引き抜かれることを期待し、命令違反のスタンドプレーを行うこともあった。

とはいえ根は悪い娘ではなく、だんだんと周りに馴染み、
他者の実力や自分の足りないところを認め、チームとして補い合っていく事を知って成長していく。
「ポイズン・アップル(毒リンゴ)」という二つ名を自称している。

 

ホア・ブランシェット
アイコン (予定)
和名 ホア・ブランシェット
英字表記 Hoa Blanchett
声優 大原さやか
登場作品

Wii「機動戦士ガンダム MS戦線0079」
PSP「ガンダムバトルクロニクル」
PSP「ガンダムバトルユニバース」

階級

伍長

年齢 22歳
詳細 少々おっとりしているが、部隊のお姉さん的立ち位置にいるオペレーター。
上層部でも一目置かれる非常に高い情報解析能力を持つが、
兵士としてのコミュニケーション能力に難があるため、新設された独立機械化混成部隊に廻された。

多少のことでは動じないので、そういう意味では前線の兵士としての適正は高いとも取れる。
事実、母艦であるミデアが絶体絶命の危機を迎え、小隊の全員が絶望に飲まれそうになったときも、
唯一冷静にミデアの安全確保に専念し、小隊の帰るべき場所を守り抜いた。

常にのんびりとした言動から、リルの突っ込みの対象にされやすいが、さらにボケ返すという一枚上手な面もある。
しかし、実は怒らせると一番怖いタイプで、彼女のあらゆる情報とネットワークによれば、社会的に立ち直れなくなるという。
唯一の欠点は寒いところが大の苦手な事で、寒冷地での作戦行動では終始寒さを訴えていた。

 

 

戻る