×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「機動戦士ガンダム MS戦線」とは

 

 本作は任天堂次世代機「Wii」にて、2007年に発売されたリアル等身サイズのガンダムゲーム(以下、リアルガンダムゲーム)である。
Wii
のガンダムゲーム第1弾としては、既にローンチタイトルとして「SDガンダムスカッドハンマーズ」が発売されている状態であったが、
リアルガンダムゲームとしては初タイトルということもあり、発表時点から期待されていたタイトルでもある。
また、ゲーム雑誌にて初発の情報が掲載された際に、開発チーム名も合わせて公開され、
そのチームが「機動戦士ガンダム外伝」シリーズや「機動戦士ガンダム戦記 Lost War Chronicles」、「機動戦士ガンダム めぐりあい宇宙」を開発した
「チーム・ホワイト・ディンゴ」(ディレクター:徳島雅彦)であったことから、コアなユーザーによる期待を背負うタイトルとして発売が待たれた。

 しかし、蓋を開けてみると販売本数は約10万本と芳しくない結果に終わってしまった。
本作はWiiリモコンとヌンチャクを活用したMSのダイレクトな操作性をウリとし、さらにはFPS(一人称視点)を再度取り入れることにより、
これまでのリアルガンダムゲームでは表現しえなかったMSとの一体感を体験できるとしていた。
確かに、これは事実であった。
しかしながら、Wiiというハードが形成した市場、ユーザー層と本作が想定していたユーザー層、ターゲットが
完全には一致しなかったことが本作の振るわなかった原因の一つであろう。

では、本作が駄作であったかというとそんなことはなく、掲げられた看板に偽りなく、これまでにない直感的な操作を可能とした本作は、
実際にプレイしたユーザー(特にコアユーザー)からは非常に高い評価を受けている。
本作の特徴であるMSのカラーリングを自由に変更可能とした点や、
「狙撃」というアクションをより発展させたシステムは、細部にこだわるコアユーザーたちのニーズに、確かに合致していたと言える。

本作の置かれた状況は、かつてのドリームキャストにおける「機動戦士ガンダム外伝 コロニーの落ちた地で……」を彷彿とさせる。
ドリームキャストの場合は、市場そのものが完全には拡大しきれなかったといった要因もあったが、
10
万本ほどの売上にも関わらず、未だにユーザーからは非常に高い評価を受けている作品である。
今回はWiiというハードの市場そのものは拡大されていたが、
ターゲットとなるガンダムユーザーが、必ずしもハードの普及台数ほどに広がっていない状況にあったようだ。

ただ、ハードの市場のせいばかりにもしてはいられない。
それから約2ヶ月後にPSPで発売された「ガンダムバトルクロニクル」は、
2007
年当時、WiiやニンテンドーDSと比較して市場が拡大しきってないPSPに置いても、
発売から1ヶ月で15万本以上を記録している。
(最終的に約23万本の実績を残した。)
この違いが示しているものは何か。
それはWii発売以前のハードでガンダムゲームをプレイしてきたガンダムユーザーにとって、
「ガンダムゲームとはパッド式コントローラで遊ぶもの」という無意識的な感覚が存在することに起因すると推測される。
もし、Wiiがスタンダードとなり、Wiiコントローラを基準としてプレイするユーザーが多数になった状況下において、
本作がリリースされたのであったならば、大ヒットとならなくともいわゆるスマッシュヒットクラス(2030万本)までは伸びたのではないかと考えられる。
このWiiのコントローラに対する無意識の抵抗は、恐らく長年ゲームプレイヤーをしている者ほど根強いと思われる。
これはガンダムゲームに限った話ではなく、任天堂以外のWiiにおけるサードパーティの作品が、
今ひとつ売上が突き抜けないのもこの無意識の感覚が作用しているからであると考えられる。
今後、Wiiというハードでリアルガンダムゲームをリリースするとすれば、
この課題を打ち破る何かを備えた作品でなければ、またしても同じ轍を踏む結果に終わってしまうであろう。

現在、PS3PS2PSPWii、ニンテンドーDSといったあらゆるハードにおいてガンダムゲームは過渡期にある。
それは、次世代機の登場の影響と、そして2005年のバンダイとナムコの合併によるバンダイナムコゲームス誕生による影響もあるだろう。
ゲーム市場の変遷と共に、開発側の状況の一変が加わり、ガンダムゲームというジャンルは激動の変化の渦に飲み込まれている。
この変化が、ガンダムゲームのさらなる進化をもたらすのか、
それとも進化の袋小路に飛び込んでしまうのかは、まだ誰にもわからない。
だからこそ、私は願う。
かつて、一人の子供をガンダムの世界へと引き込むほどの魅力をもった、あの力強いガンダムゲームが、この混沌とする時代に再び現れることを。

 

作品

Wii「機動戦士ガンダム MS戦線0079」特典 メモリアルディスク付き 2007年7月26日
Wii「機動戦士ガンダム MS戦線0079」(特典無し) 2007年7月26日

 

戻る